難関私大大手有名企業就職率ランキング

1位 慶應義塾大 46.6%
2位 早稲田大 37.1%
3位 東京理科大 34.9%
4位 上智大 33.4%
5位 東京女子大 32.6%
6位 同志社大 32.0%
7位 日本女子大 30.5%
8位 青山学院大 29.3%
9位 津田塾大 28.7%
10位 立教大 28.3%
10位 芝浦工業大 28.3%
12位 関西学院大 27.6%
13位 学習院大 27.3%
14位 明治大 26.3%

参考文献

サンデー毎日2016/8/7号より

総評

1位か4位までは概ね偏差値順で大手有名企業就職率が良いが、
5位以降は三大女子大である東京女子大・日本女子大や津田塾大がランクインしていたり、
必ずしも偏差値順ではない。

また四工大トップの芝浦工業大学の就職実績がかなり良い。

大手企業を狙う女子受験生は中央大や法政大を狙うより
東京女子大や日本女子大や津田塾を優先的に受験するのも賢明と言える。

関西では同志社が圧倒的に強く、2位は関学大となっている。

関学は女子の就職実績がかなり良く、三大メガバンクや航空関係にかなり強い。

偏差値では同等の立命館は理系の就職実績が良いが、
このランキングでは上位に入らなかった。

MARCH上位と下位で大手有名企業就職率でやや差があり、
関関同立でも、同志社と関大ではかなり差がある。

大手有名企業就職率を踏まえた上で受験校を決めるのも賢明な選択と言える。